海洋深層水について



[深海水]
・オーシャンコンベヤー(2000〜3000)
・低温、富栄養化、清潔

[中国の発展]
・1970年後半
・海洋科学技術センター(当時)中島
Yu MinguangとPutian Xiaoyiは水産物を生産しています
酪農生産技術に関する研究

高知県(陸上施設、1986〜)
富山県(1986-90、人工サージ)
、陸上施設)
※上記陸上施設の取水深さ:約320m
沖縄県(久米島、陸上施設、2000
うるう年〜、取水深620m。
海洋温度差発電試験開始)

[会社の取り組み]
・1992年に民間の研究センターで調査研究が開始。
・同年、郡長は海洋深層水研究施設の建設を依頼。
・1995年、沖縄県海洋深層水開発協力会社が設立。
・1996年から1998年にかけて、日本と沖縄は研究助成金プロジェクトを開始。
開发オフショア施設向けのオフショア深層水抽出試験装置の開発
水深:600m、1400m

順次混合:海水の非対称性
(600m→1400m)≠(1400m→600m)
[キャリアと技術開発の課題]
魚の鮮度を保存します。
植物の成長を促進(米、スイカなどの収量を増やす)
定期的に少量のろ過水を海岸に追加します(海藻の成長を促進するため)
ろ過した水を餌にスプレーします(魚のクラスター効果を促進します)

海に定期的に追加(魚のクラスター効果と繁殖力)
牧場海洋構造物に依存しない海洋牧草地


沖縄近海の深さ1,400mおよび600mの水が汲み出され
独自の技術で調合・希釈した
海洋深水・調合液「JAS液」

山茶油和蜂蠟製作來自於自然的護膚霜​



商業化テスト

魚の細胞保存の促進→商業化
海洋深層水の調合液を釣り用トラフに散布 糸満漁業協同組合、沖縄県漁業協同組合、伊良部鮪魚船組合
沖縄県近海鮪魚漁業組合、高知県鰹魚(テスト中)
製氷時に深層水混合溶液を加える 伊江漁業協同組合、宜野座村漁業組合、金武漁業協同組合
石川漁業協同組合、港川漁業協同組合
在漁槽添加深層水調合液
糸滿漁業合作企業、沖縄県漁業協同合作企業、伊良部鮪魚船主協會
沖縄県近海鮪魚漁業合作企業、高知県鰹魚(實驗中)
 
製冰時添加深層水調合液
伊江漁業合作企業、宜野座村漁業合作企業、金武漁業合作企業
石川漁業合作企業、港川漁業合作企業

植物の光合成を促進して成長を制御する→実験的確認
米(水耕) 秋田八郎、ベトナム、茨城県土浦、(東京農工大学)
野菜 ゴーヤ、キャベツ、キャベツ、色付きピーマン、インゲン、タマネギ、ニンニク
フルーツ スイカ、メロン、トウモロコシ、トマト、イチゴ、その他
その他 サトウキビ、アロエ、その他
米(米) 八郎、秋田、土浦、茨城、ベトナム(東京農工大学)
野菜 ゴーヤ、キャベツ、キャベツ、色付きピーマン、インゲン、タマネギ、ニンニク
フルーツ スイカ、メロン、トウモロコシ、トマト、イチゴ、その他
その他 サトウキビ、アロエ、その他

海岸に定期的に散布し、藻場を再生→実験的確認
オキナグサ(沖縄県宜野座村)、昆布(北海道襟裳町)、珊瑚(沖縄県八重瀬町港川)
餌に調整水をスプレーする事で集魚効果が促進 →実験的確認
鮪漁業(沖縄県近海鮪漁業協同組合、パラオ諸島水域)


海洋深層水調合液の使用

魚の鮮度が維持
(沖縄県糸滿漁業協同組合)

金目鯛
良い肌色を保ち、市場で高い評価を得ています。 「美しい金」のラベルが付けられ、国内市場に出荷されました。


新鮮な氷を使った鰹の鮮度テスト
上:古い氷を使用
下:新鮮な氷を使用

捕獲日(9月13日)
捕獲隔日(9月14日)

梱包済み(9月16日)「美しい金目鯛」が国内各地に発送され販売されています
合 作:糸満漁業協同組合
船名:湯丸真(9.7トン船長新垣哲二)
合 作:糸滿漁業合作企業
船舶名:新漁丸(9.7噸 船長 新垣哲二氏)
調合液:魚槽容量的1/1,000
攝影日:平成26年9月16日(二)
作 業:9月12日(五)糸滿漁港出港
    9月13日(四)~14日(日)作業
    9月15日(一)糸滿漁港歸港
漁獲量:500kg

海藻養殖試験(参考)
沖縄宜野座村からの波に打たれるハンナビーチの藻場(月に1回、100mlのろ過水を海岸に加えます)

調整水水を散布した場所(参照)
沖縄県与那原町・當添海岸
(Google Earth)

調整水を使用した後の魚群の集魚効果
19トンのチョウザメがフィリピン海で捕獲され、調整水が餌(M. mournerii)に噴霧され、海洋サメ(ほとんどがサメ)の漁獲率の影響をテストしました。

1年間のテスト結果(餌数:約290,000尾)、漁獲率は2倍以上になりました

フィルターをかけた餌はサメを集める効果があります

現在、マグロはまだ実験中です。
沖縄のフローティングリーフ(PAYAO)でのクラスタリング効果のテスト(一部のレポートでは、追加されたフローティングリーフにも鳥のクラスタリング効果があることが示されています)
サメの平均漁獲率(CPUE)

農業試験

方法:
①葉に1000倍に希釈した深層水混合溶液を散布する
②農場に深層水混合溶液を散布する(毎月1,000平方メートル)


参照エリアのイネ品種は、テストのイネ品種と同じです
毎月1㎡の調合水を1000㎡の田んぼの出口に加えます。
根の伸びは良好ですが、稲の量さにより稲穂が垂れています。
田んぼの上の稲房

サンプル数は少ないですが、タイプは次のように増減します。

参照エリア
100%
テスト領域
187%
(東京農工大学・平田綾教授による試験)

調合液促進光合作用

島らっきょう(沖縄県宜野座村)

唐胡麻(沖縄県伊江島)

白菜(茨城県)左:通常栽培 右:テスト栽培

「量子計算」の結果により、エネルギーが複数の場所に同時に存在し、最速の経路を見つけることができるため、光合成の効率は非常に優れています。 左のグラフは、集光タンパク質のエネルギー波の干渉を示しています。 「量子計算」は、エネルギーを表す演算子のハミルトニアンに依存します
ハミルトニアン関数は、光合成を促進するために計算速度を上げるために使用されます。
混合溶液の活性成分は、量子存在の量子トンネル効果と考えられています。葉の光合成は、混合溶液を葉側に噴霧することで活性になります。フィールドの条件は、このフィールドのデータをサポートする基礎として使用できます。
光合作用的效率非常好,是因為經過「量子計算」的結果,讓其能量能同時存在於多個地方,並找到最快的路徑。 左圖表顯示為光收集蛋白質中能量波的干擾的狀況。 「量子計算」取決於代表能量的算子的哈密頓函數(Hamiltonian)。
以哈密頓函數(Hamiltonian)提高計算速度,從而促進光合作用。 調合液的活性成分被認為是量子存在的量子穿隧效應,葉片的光合作用通過在葉側噴灑調合液而變得活躍,田地的狀況可作為支持該領域數據的依據。

製品と支援策